« 2013年6月 | トップページ | 2015年5月 »

Rubyインタプリタに文字コードを指定するオプションをつける

Rubyではプログラム実行の結果による出力の文字コードを以下のようにいろいろ指定できるようです。メール送信プログラムを書いていて厳密な文字コードの取り扱いが必要になり、初めて知りました。

#!/usr/local/bin/ruby
puts $KCODE       #=> NONE

#!/usr/local/bin/ruby -Ku
puts $KCODE       #=> UTF8

#!/usr/local/bin/ruby -Ke
puts $KCODE       #=> EUC

#!/usr/local/bin/ruby -Ks
puts $KCODE       #=> SJIS

« 2013年6月 | トップページ | 2015年5月 »