« MySQLのテーブル情報 | トップページ | vimの検索で色が付いたものを解除する方法 »

Rubyインタプリタに文字コードを指定するオプションをつける

Rubyではプログラム実行の結果による出力の文字コードを以下のようにいろいろ指定できるようです。メール送信プログラムを書いていて厳密な文字コードの取り扱いが必要になり、初めて知りました。

#!/usr/local/bin/ruby
puts $KCODE       #=> NONE

#!/usr/local/bin/ruby -Ku
puts $KCODE       #=> UTF8

#!/usr/local/bin/ruby -Ke
puts $KCODE       #=> EUC

#!/usr/local/bin/ruby -Ks
puts $KCODE       #=> SJIS

« MySQLのテーブル情報 | トップページ | vimの検索で色が付いたものを解除する方法 »

コメント

。その、それらのじめXuelangにの、そしてで、のののをるために、きき、これらのいるので、がダメージをXuelangで、のをダブルでののは、すぐにがのにかれ、ハングアップ、、がいたをつことになります
uit.edu/JP_Rayban.html http://uit.edu/JP_Rayban.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Rubyインタプリタに文字コードを指定するオプションをつける:

« MySQLのテーブル情報 | トップページ | vimの検索で色が付いたものを解除する方法 »