カテゴリー「パソコン・インターネット」の134件の記事

ブログの静的生成と動的生成について

ブログの静的生成と動的生成について、メリット・デメリットをちゃんと整理できていなかったのでメモ


■静的生成と動的生成の違い

静的生成はブログ記事を作成したときに、.htmlなどの実態ファイルをディスクに保存して、ユーザーが記事を見に来たときは単純にそのファイルを返すだけにする仕組み。大抵のブログサービス(ココログ、Amebaとか)やMovableTypeがこの方式になっている。


対して動的生成はブログ記事を作成したときに、記事情報はデータベースに保存されるだけとなる。htmlファイルは作られない。ユーザーが記事にアクセスするとデータベースからその記事の情報を引っ張り出し、メタ情報からテンプレートを選択してその場で一時的にテンプレートに記事情報をはめこんだものを返す。これをユーザーのアクセスがある度に繰り返す。Wordpressがこの方式になっている。



■メリット・デメリット

静的生成は記事作成と同時にhtmlファイルを準備してしまうため、ユーザーが記事を見に来た時の処理が単純になる。「webサーバがhtmlの要求をされて、返す」というwebで最も単純な処理のみになる。そのため処理速度は速いし負荷は低い。たくさんのユーザーが記事を見に来てもレスポンスが重くなりにい。

対して、動的生成では1アクセスごとに記事を生成する処理が必要になるため、静的生成と比べてレスポンスが重くなりやすい。ついでに記事を生成するシステムに問題が発生すればレスポンス自体できなくなってしまう。静的生成ならwebサーバのプロセスがダウンでもしない限りはレスポンス自体できないということはない。


こう書いていくと静的生成の良いところばっかりが目立つが欠点もあり、記事作成時に既存ファイルからのリンクなども必要になるため、関連する複数の記事ファイルを更新する必要が出てきてしまう。記事件数の多いブログとなれば大量のディスクアクセスが発生し、稼働しているサーバの負荷が高くなるのと同時に一連の処理の完了まで数時間かかるようなケースもある。


結局どちらのタイプも一長一短である。生成タイプを選択する際は、稼働させるサーバのスペックや最終的にどの程度の記事件数のブログに育てたいかなどの条件次第かと思います。

SSL証明書の有効期限確認

webサーバのSSL証明書を新しいものに入れ替えたときに、外側からちゃんと更新が適用されているか確認する方法のメモ。

Property


対象のSSLページをIEで開いて右クリックの「プロパティ」を選択。


Shomei


プロパティから「証明書」をクリック


Period


すると現在使用されている証明書の有効期限が表示されます。


オクテットとバイト

本日、弊社のデータセンター管理業務を行っている部門からのメールに「VIPの第4オクテットを~」という表現が含まれていたのですが、恥ずかしながら「オクテット」という単語を知らなかったので、調べたメモをここに。

■オクテットとは?

8bitデータをまとめて「オクテット」と呼ぶそうです。

■それってバイトと何が違うのか?

現在では違いはないそうです。同じ8bitを表す単位です。

■じゃあなんで同じ8bitを表現する単位が2つあるのか?

一昔前は1byteってゆうのは8bitとは決まっておらず、コンピューターのメーカーによって5bitから12bitの間で統一されてなかったようです。全然知らなかった。そんな時代なので、ネットワークアドレスの桁数を表現するのにbyteは使えなかったので、8bit固定をオクテットと呼ぶことにしたらしいです。

その後IBMの汎用機が市場を席巻することになるのですが、IBMの1byteが8bitだったため、その後1byte=8bitに統一されていったようですが、現在でもネットワーク関係の用語では昔のなごりで8bit=1オクテットと呼ぶらしいです。

192 . 62 . 111 . 12

例えば上記のようなIPアドレスがあった場合、コンマ区切りで左から第1オクテット、第2オクテット、第3オクテット、第4オクテット、のように表現します。なので、社内のネットワーク担当者などから「渡したIPの第4オクテットを11に変えるとデフォルトゲートウェイだから」などと言われる場合があったりすると思います。

ホームページの身元調査

ホームページの身元をドメインに関連するコマンドで調査するときのメモ

[ホームページのIPアドレスを取得する ※LINUXコマンド]

nslookup  abe-log.cocolog-nifty.com
※nslookupは将来的には廃止が予定されているそうです。「dig」「host」などのコマンドが推奨されています。

[ホームページのドメイン提供会社の身元確認 ※LINUXコマンド]

whois  cocolog-nifty.com

[IPアドレスを払い出し元を表示する ※Windowsコマンド]

ping -a 202.248.237.47

これらのコマンドを組み合わせて使用することにより、任意のホームページがどのようなホームページサービス、または自宅サーバなどの利用で提供されているかを推測することができます。

webページのリンクの色変更の削除

ネットサーフィンをしていて特定のページ内のリンクをクリックすると、次回同じページを表示したときにクリックしたリンクの色が変更されていることがある。

これがちょっと気持ち悪くて、色の変更をキャンセルできないか試してみた。

たぶんブラウザに保存されているなんらかの情報を削除すれば元に戻るはず。キャッシュか閲覧履歴かクッキーか。

ひとつずつ試してみたところ、「閲覧履歴」の削除で元に戻せることを発見した。ブラウザによって閲覧履歴の消去の手順は違いますが、「インターネットオプション」的な設定から辿っていけばどのブラウザでもできると思われます。

低レベルな話ですがいままで知らなかった。。

ユーザーエクスペリエンス

製品やサービスの使用・消費・所有などを通じて、人間が認知する(有意義な)経験のこと。

製品やサービスを利用する過程(の品質)を重視し、ユーザーが真にやりたいこと(本人が意識していない場合もある)を「楽しく」「面白く」「心地よく」行える点を、機能や結果、あるいは使いやすさとは別の”提供価値”として考えるコンセプト。

認知心理学者で、かつて米国アップルコンピュータ(現アップル)でユーザーエクスペリエンス・アーキテクトの肩書きを持っていたドン・ノーマンが、「ヒューマンインターフェース」や「ユーザビリティ」よりも、さらに幅広い概念を示すために造語したものが由来とされる。

同博士が共同設立者でもあるコンサルティング会社のニールセン・ノーマングループでは、「エンドユーザーと、会社およびそのサービス、製品との相互作用のあらゆる面を含んでいる。典型的なユーザーエクスペリエンスの第一要件は、つまらぬいらいらや面倒無に、顧客のニーズ正確に満たすことであり、次に所有する喜び、使用する喜びとなる製品を生産するといった簡単、完結なことである」と定義している。

ITの分野では、コンピュータの使い勝手にまつわる話で登場するほか、Webサイトを使うこと自体に、「楽しい」「うれしい」という経験ができるようにデザインすることで、そのサイトへのリピート率が上がり、ビジネス上有利になるといった文脈で語られることが多い。

シーク時間(シークタイム)

ハードディスクやMOなどの記憶装置で、ヘッドがディスク上の目的の読み出し(または記録)位置に到達するまでの所要時間。

シーク時間が短いほど、記憶装置の読み書き速度は向上する。特に、小さいファイルを大量に読み込む際に高速になると言われている。

記憶位置とヘッドの現在の位置との関係によってシーク時間は毎回変化するため、性能として表記する際には平均的な値を「平均シーク時間」として表記することが多い。媒体の種類によってシーク時間の平均的な水準は大きく異なる。

MIME

「Multipurpose Internet Mail Extension」の略。

メールに様々な文字コードの文章を書いたり、様々な形式の添付ファイルを添付するための、拡張機能。RFCに定義されている。

ただし、現在ではメールに限らず、インターネットの様々な場面で使用されている。特にContent-Typeは、インターネットでファイルをダウンロードする場合の「ファイル形式」を指定する場合に使用し、それが普通のホームページの場合には文字セット(文字コード)も指定することになるため、頻繁に関わることになる。

和名「多目的インターネットメール拡張」。

ネットワークカード(network card : NIC)

ネットワークカードとは、コンピュータやプリンタなどの機器をローカルエリアネットワーク(LAN)に接続するための拡張カード。

本体に用意された拡張スロットに挿入して使用する。LANの企画によって仕様が違うが、現在最も普及しているのはEthernetであるため、単にネットワークカードと言った場合はEthernetに接続するためのカードである場合が多い。

ループバック(loopback)

ループバックとは、自分自身に対してデータを送信すること。あるいは、そのような機能。

ネットワークカードには自分自身を指し示す「ループバックアドレス」が設定されており、ここ宛てに送信されたデータはカード内の受信側で受信される。機器が正常に稼動しているかどうか、確認するために試しにデータを送ってみるときに使う。これをループバックテストという。

テレビ会議システムなどで、マイクにむかってしゃべった音声が自分のヘッドホンに流れる機能などもループバックという。

ループバックアドレスとは、ネットワークカードなどのループバックインターフェースに割り当てられた自分自身を示すIPアドレスのこと。

ネットワーク上において自分自身を現す仮想的なアドレスであり、IPv4においては「127.0.0.1」、IPv6においては「::1」(0:0:0:0:0:0:1)が使われる。また、ホスト名としては慣習的に「localhost」が用いられる。

IPv6ではループバックアドレスは「::1」しか用いることができないと定義されているが、IPv4の「127.0.0.1」は慣習的に決められたもので、正式なものではない。このため、OSによってはこれ以外のIPアドレスをループバックアドレスとして使用できる場合もあるが、通常は別のアドレスは使わない。

より以前の記事一覧